読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAVID BOWIE is

2017年の展覧会初めはデヴィッド・ボウイの大回顧展だった。会場は寺田倉庫、東京モノレール天王洲アイル駅から歩いて5分ほどだ。道すがら閑散としていたが会場に着くと入場待ちの長蛇の列ができていた。入口でヘッドフォンを手渡されて会場を回る。場内に設…

アニー・ホール

ウディ・アレンの映画「アニー・ホール」を観た。

苦せず労せずOld Gibson

GibsonかMartinか。アコースティックギターファンなら好みが分かれるところかと思うが僕はGibson派である。とあるリペアショップで古いL-1を弾いて抱えた時のあまりの軽さと、そっとストロークしたときのヘッドの先からエンドピンまでが震えるような鳴りにた…

手術痕を巡る

Epiphone OlympicのシリアルNoは二箇所にある。一つはボディ内部のラベルにスタンプ、一つはブリッジの裏に刻印だ。ブリッジの裏にはマジックで"1"と"6"の文字が書かれているがこれは1弦側と6弦側ということだろうか。記載されているNoはどちらも"15128"だ。

80年前の安ギター

EpiphoneといえばGibsonのセカンドブランドだ。そのため「Epiphone = 安ギター」という認識をお持ちの方も多いだろう。僕もEpiphoneのギターを一本持っている。やすもんでぼろぼろのアーチトップだ。

カキモリのローラーボール

仕事中に人知れずこそこそと楽しめるペンが欲しい。つまり「うわ、あいつええのんつこてるやん」と思われたくないわけだ。よって万年筆は除外。でもただのボールペンじゃ遊びがない、ということで見つけた一本が東京蔵前はカキモリのローラーボールである(…