下諏訪3.5時間観光記1

青春18きっぷ中央本線旅行の途中で下諏訪を観光した。旅程の都合上、許された時間は10時半から14時までの3時間半。さてどれだけ遊べるだろうか。

 

まずは下諏訪駅の観光案内所でマップを入手する。

f:id:SoheiSakurai:20170820134000j:image

諏訪神社の春宮、秋宮、参道の大灯籠を頂点とする三角形の中に温泉、飲食店などがある。とてもコンパクトで観光しやすそうな町である。

 

観光の脚となるレンタサイクルを借りる。貸し出しを行なっている友之町駐車場へは駅を出てまっすぐと5分も歩かずに到着する。電動自転車が1時間100円と格安だ。

 

自転車貸しのおじいさんに話を聞くと、まずは諏訪大社の春宮に行き、そこから赤い橋を渡ると万治の石仏という有名な仏を拝むことができるらしい。

 

おじいさんの助言に逆らう理由もないので素直に自転車を走らせる。電動自転車に初めて乗ったがロードバイクを必死で漕いでいるのが阿保らしくなってしまうほどの快適さ、、と感動しているうちに諏訪大社に到着。1kmちょっとの道のりなのであっという間だ。

f:id:SoheiSakurai:20170820140120j:image 

 

諏訪大社は上社の本宮、前宮、下社の春宮、秋宮と計4カ所に鎮座する神社で、このうち下諏訪にあるのは下社の二カ所だ。僕が見物したのは春宮である。モミの木の枝を取っ払った御柱(おんばしら)を社殿の四隅に立てることが特徴で、まっすぐに空へと伸びる柱を見ると原始的な力強さを感じる。

f:id:SoheiSakurai:20170820220415j:image f:id:SoheiSakurai:20170820220601j:image

 

もう一つ特徴的なのが幣拝殿という建物の造りだ。神社建築の基本配置は僕たちが柏手を打って拝む拝殿、その奥に幣帛(へいはく)つまり神への供物を捧げる幣殿、そしてさらに奥に本殿があり神体が祀られている。それがここでは幣殿と拝殿が一つの建物になっているのだ。

f:id:SoheiSakurai:20170820224639j:image

 

幣拝殿の彫刻は良い。はっきりとした面取りが格好良いし瞳のぼんやりと青みがかった色彩も綺麗だと思う。

f:id:SoheiSakurai:20170820221317j:image

 

ここ春宮からしばらく歩くと万治の石仏に辿り着く。この石仏については次回に回そう。