ぎびじゅんがく

ぎびじゅんがく

ギターや美術や文学についての雑記帳

Deep in a Dream コード分析

今日はフィンガーピッキングのY先生のレッスンで、新しいLowdenのエレガットS-25Jを先生に弾いてもらいました。指弾きを専門にしているギタリストだけあって繊細な音から強く響く音までタッチの幅が広いですね。Lowdenが綺麗に鳴っているのが聴けて満足。

続きを読む

ジム・ホール「JAZZ GUITAR」の赤シャツは誰だ

ニコニコですね、JIM HALL。このところ練習しているDeep in a Dreamは彼の初リーダーアルバム「JAZZ GUITAR」からの一曲です。それにしてもなんというストレートなアルバムタイトルなんだろう。ジム・ホールがジャズギターの一つの代名詞となった現在から眺め返すと実に格好いいアルバムタイトルだな。

続きを読む

カネコアヤノ「さいしん」ライブDVDが届きました

カネコアヤノのライブCD&DVD『カネコアヤノ 単独演奏会「さいしん」2020.6.25 ザムザ阿佐ヶ谷』が届きました。僕はギター音楽やジャズ、民族音楽なんかを良く聴いていて流行りの歌手にはめっぽう疎いのですがカネコアヤノだけは特別に追っかけています。 

f:id:SoheiSakurai:20200821072546j:plain

 

 

もう何年も前にサウンドクラウドで「はっぴいえんどを聴かせておくれよ(仮)」という曲がたまたま目に留まり(はっぴいえんどが好きなので。。。)この時はカネコアヤノもまだまだ全然世に出ていないシンガー。ええ曲やなあとお気に入りに登録して数年、ふとあの人どうしているかな〜と調べてみるとけっこう売れっこになっていて、何よりあの頃の何倍も格好良い音楽をやっている。

 

 

ライブでは弾き語りスタイルもバンドスタイルもどちらも良さがあるのですが、僕がバンドスタイルでいつも楽しみにしているのが林宏敏の長い長いギターソロ。寡黙な彼が長髪を振り乱しながら情感たっぷり歌うように弾きはじめ、どんどんアウトしながら曲の原型を壊していく。そしてしまいにはアンビエント音楽をみんなで聴いているみたいな不思議な空間に。。そこからカネコアヤノの歌に戻ってきてそれがまた気持ちいいんですよね。

 


『カネコアヤノ 単独演奏会「さいしん」2020.6.25 ザムザ阿佐ヶ谷』

 

DVDにはモノクロのポートレイト写真集が付属しています。しっかりとした作りでページ数が多くいい感じです。毎度のことながらもちろん写真も美しい。中野サンプラザでのライブが来年春に延期だそうなので、この週末はDVDでライブ気分を味わわせてもらいます。はやく音楽を聴きに行きたいですね〜。

 

過去作だとこのアルバムがおすすめです。猫のジャケットがかわいい...Amazonのページだと写真が大きく拡大できて...ふわふわだ...

「燦々」※通常盤(CDのみ)

「燦々」※通常盤(CDのみ)

 

 

読了感謝!この記事よかったな〜という方はぎびじゅんがくに投票!していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

↑をクリックで簡単に投票&ランキングも見れますよ

↓こちらのランキングにも参加中!

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

Fly me to the moon初歩初歩アドリブ練習

職場の同僚がサックスとトランペットを始めたので3人で集まって演奏しています。だいたい月1ペースです。ここしばらくは開催見合わせが続いていたのですが、つい先日久々に集まりました。

 

f:id:SoheiSakurai:20200820084435j:plain

今回からはちょっとジャズをやってみようかという話になり、課題曲はFly me to the moonを選びました。そもそも有名な曲ですしエヴァンゲリオンのエンディング曲に採用されていたこともあり、とりわけ僕らの世代には最も聴き馴染みがあるジャズスタンダードの一つじゃないでしょうか。各話でアレンジが違っているので聴き比べが楽しめます。

 

Fly me to the moonは僕がお盆集中特訓と題して先日の休みの間に取り組んだ「入門 目からウロコのジャズ・ギター」でも練習曲として取り上げられていますね。

教則本で練習したことをすぐに実践に移せて良い感じです。この本を参考にしながら現状のアドリブの取り方はこんな感じです。

  1. 基本的にはKeyのCメジャー(つまりドレミファソラシド) を弾く
  2. コードチェンジの頭はコードに対する1,3,5度の音を使う
  3. 本で覚えたドミナントフレーズを使う

2を意識するとコードの感じが出ますね。1だけだとずっとCメジャーって感じだけど、頭を合わせるだけでこれはCメジャーの中のDm7コードだ、G7だっていう区切りがつくと言いますか。レッスンで先生が「最近、メロディでもウォーキングベースみたいな弾き方をやってんすよ〜」って言ってたのはこの感覚の延長戦上にあることかもしれないなあ。

 

ま、あれもこれもやろうとすると挫折しちゃうので、やることを絞って少しずつ増やそうとしています。お盆特訓のもう一冊の教科書「ジャズ ・スタンダード・セオリー」に載っていることはだいたい一度は把握した(把握はしてない。目の前のまな板にひとまず並べただけですね。)ので、これからはじわじわと理論に実践を追いつかせていくという作戦です。

 

 

読了感謝!この記事よかったな〜という方はぎびじゅんがくに投票!していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

↑をクリックで簡単に投票&ランキングも見れますよ

 

↓こちらのランキングにも参加中!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

LowdenエレガットS-25Jでグリーンスリーブスを

全体像、細部と見てきたLowdenのジャズ用エレガットS-25Jですが今回はついに音色編です。

 

手元にあった楽譜から雰囲気が合いそうなものを一曲。イングランド民謡のグリーンスリーブスです。Lowdenはアイルランド製の楽器なのでお隣ですね。

 

アンプを通さずに生音をiPhoneのボイスメモで録っています。腕前はともかくとしてなかなか良い音だと思うのですがどうでしょうか。お腹に響く低音が気持ちが良いのと、楽曲のせいもあると思いますが高音弦をかき鳴らすとどこか古楽器みたいな雰囲気もあります。(ああ、、音を記述するボキャブラリーがないことを痛感。。

 

弾き心地はというと、ナイロン弦にしてはネックが細身なのでとても弾き易いです。Lowdenのナット幅は47.5mm。他のギターもついでに測ってみると・・・

f:id:SoheiSakurai:20200819090110j:plain
f:id:SoheiSakurai:20200819090127j:plain

フルアコGibson 175D:40mm

 60年代後半のナローネック期と呼ばれる時期のものです。細い!

マカフェリ:Dupont DM-50:44mm

 スチール弦の平均はこのくらいでしょうか。弾き易いです。

ナイロン:Martin 00-18C:50mm

 これでも普通のクラシックギターよりは細いかと。若干太く感じます。

 

スチール弦の2本と比較すると太めですが、同じナイロン弦のMartinと比べると若干細いですね。握りもいいのでスチールからの持ち替えでもほとんど違和感はないです。

 

これでLowdenのギターについて一通り紹介しきりました。あ、ひとつ言い忘れていたことが。。到着してケースを開けた時の第一印象だったんですが、このギターはとても良い匂いがします。甘くて優しい香りです。木の香りか接着剤か塗料か、、なんだろうね?

 

読了感謝!この記事よかったな〜という方はぎびじゅんがくに投票!していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

↑をクリックで簡単に投票&ランキングも見れますよ

 

↓こちらのランキングにも参加中!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Lowdenのエレガットを細か〜く見る

休暇明けって全然エンジンが入りませんね〜。リフレッシュしてやる気がみなぎるタイプの人も少なからずいるんでしょうが、僕は「この休みは良かったなあ次の休みはいつだろなあ」みたいなことをダラダラダラダラと考えてしまいます。

 

さて前回の全体像に引き続き、LowdenのS-25Jの詳細を頭から順番に見ていきましょう。

 

f:id:SoheiSakurai:20200818081255j:plain
f:id:SoheiSakurai:20200818081356j:plain

同じエレガットでもスペイン系のものなどは花弁の先のような切れ込みのあるデザインが施されることが多いですが、Lowdenは装飾がほとんどなくモダンな印象です。GodinやTaylorのような、クラシックからは距離を置いてエレガットを作るブランドに近しい雰囲気ですね。S-25Jの旧モデルはペグボタンが半透明のパール風だったようですが現行品は黒のエボニーです。引き締まった印象で僕はこちらの方が好きだな。Gotoh製のこのペグは回し易くてなかなか良いものだと思います。ピカピカしすぎない落ち着いた光沢も楽器の雰囲気に合っています。

 

f:id:SoheiSakurai:20200818081522j:plain
f:id:SoheiSakurai:20200818081706j:plain

ネックはマホガニーを主とした5ピースです。一本で作るよりも曲がりにくくなるんですかね。ヒールには継ぎ目がないので積層ではなく一本のマホガニーを成形しているようです。こういうところは地味に豪華。キュッと絞ってあるのでハイフレットも弾きやすくなっています。

 

f:id:SoheiSakurai:20200818081809j:plain
f:id:SoheiSakurai:20200818081845j:plain

指板はエボニーです。サウンドホールにかかる終端の部分の柔らかい曲線はこのギターの特徴的なデザインですね。Lowdenロゴの下線をなぞるような曲線になっていて、楽器全体としてまとまりのある見た目を構成するポイントだと思います。ここはかなりお気に入り。。

サウンドホール周りのロゼッタやボディ周縁のバインディングは木象嵌になっていて、5ピースネックの雰囲気と本当に良く合っています。昔のモデルだとロゼッタだけがアバロン貝になっているようです。この辺は好き好きだと思いますが、現行品は全体の調和にずいぶん気をつかってデザインされていることが分かります。

 

f:id:SoheiSakurai:20200818081915j:plain
f:id:SoheiSakurai:20200818082036j:plain

ブリッジはいたってシンプルですが、構造が独特で弦1本につき穴が2つ開いています。メリットは何だろう。。?張り替えが簡単そうではありますね。

エンドピンは渋い銅色で、頭からお尻までツヤツヤキラキラを避けるチョイスが徹底されています。ここにシールドが挿さります。ピックアップはL.R.BaggsのSession VTCを搭載。良いピエゾです。

 

f:id:SoheiSakurai:20200818082249j:plain

背面には木目の良い上質なインディアンローズウッドが使われています。

 

f:id:SoheiSakurai:20200818082450j:plain
f:id:SoheiSakurai:20200818082653j:plain

カッタウェイはなだらかで優しい印象。ツンツンの175と比べるとこんなに違います。

 

LowdenのエレガットS-25Jはアンバランスに華美な箇所がなく、一見地味だけれど美しい細部を丁寧に積み上げて作られた楽器だという印象を受けました。その結果、全体としての統一感があって飽きのこない良いデザインになっていると思います。はぁ、ええですなぁ。。

 

 

読了感謝!この記事よかったな〜という方はぎびじゅんがくに投票!していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

 

↓こちらのランキングも参加中!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Lowdenのエレガットを開封

お盆休みが終わってしまいましたね〜。僕はほとんど家にいましたが音楽の勉強をしたり、ブログを始めてみたり、なによりLowden購入ということでなんだかんだで充実していたかな。というわけで開封編です。

 

f:id:SoheiSakurai:20200816122614j:plain

こちらが前回ご紹介したケースです。どっしり。。さっそく開けてみましょう。の前に簡単にギターについてご説明を。

 

僕が購入したのはS-25Jという機種で、Sは小振りなサイズ、25は木材(シダートップ、ローズウッドボディ)、JはJazzNylonというシリーズを表しています。JazzNylonシリーズは僕が買ったシダーの他にスプルーストップの32があります。分かりやすい型番ですがこの明快さには実はカラクリがあって、凝った木材や仕様は35、50という大きな番号にひとまとめにしてしまっているというわけです。

 

ではいよいよご開帳です。正面から全体像を。

f:id:SoheiSakurai:20200817013713j:plain

 

ご覧の通り14Fジョイントでカッタウェイ付き、シダートップのエレガットでクラシックというよりもポップス&ジャズ向き、それでいて安物じゃない本気の一本。というのが探していた仕様なのでS-25Jはまさに理想的です。

 

正面から遠目に見た感じはかなり簡素ですね。サウンドホール周りの飾りも線が3本入っているだけですし、ピックガードも透明で存在感なし。指板にはインレイどころかポジションマークすら入っていません。

 

f:id:SoheiSakurai:20200817013631j:plain
f:id:SoheiSakurai:20200817013656j:plain

塗装は艶消しの落ち着いた雰囲気で、高級感があるかどうかは、、う〜ん、、正直言って見る人による気がするなあ。やっぱり艶があって芸術的なインレイが指板やヘッドを覆っているほうが見るからに高そうですよね。それに比べてあまりに地味といいますか、、ただトップのシダー、ボディのローズウッドの素材自体の、そして丁寧に仕上げられた各部の積み重ねが作る美しさはおそらく分かる人には分かるはずです。アメ車的な派手さというよりも北欧の高級家具みたいな雰囲気のある楽器だと思います。あれ?アイルランドって北欧に含むんでしたっけ?

 

さて次回はいろんな部分をクローズアップして観てみますね。

 

読了感謝!この記事よかったな〜という方はぎびじゅんがくに投票!していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Lowdenのエレガットが到着

注文していたLowdenのエレガットが到着しました。14日の18時に出荷完了メールが届き、翌15日の朝の9時には玄関先に。おそるべしクロネコヤマト、素晴らしい仕事ですね。

 

f:id:SoheiSakurai:20200816122221j:plain

人が入れそうなサイズのダンボールが届きました。 中身はプチプチとウクレレの空箱で動かないように丁寧に固定されていました。

 

f:id:SoheiSakurai:20200816122614j:plain

Lowdenの純正ケースです。Ameritage製です。革張りで表面にアーチ加工が施されていて高級感があります。Collingsもここのケースらしいですね。

 

f:id:SoheiSakurai:20200816123759j:plain

少し前まではLowdenはHiscoxのケースを採用していました。画像はLowdenのOfficialサイトからお借りしました。Lowdenユーザーはこのケースに愛着のある人が多そうですね。たしかにプロユースな雰囲気があって格好いいです。

 

 

さて新ケースの中身ですが、クッションが厚くてホールド感は完璧と言って良いと思います。

f:id:SoheiSakurai:20200816144222j:plain

f:id:SoheiSakurai:20200816144241j:plain

ネックは上下から三点で固定する構造で抜群の安定感です。小物入れもそこそこものが入りそうですね。

 

f:id:SoheiSakurai:20200816144257j:plain

縁取りは艶のあるグレー、持ち手は同色でこちらも頑丈な作りです。

 

保管には最高のケースでしょう。ただ重量がかなりあるので持ち出す時には別のケースに入れ替えかな。

 

長くなるのでギターの紹介は次回に。いい楽器ですよ〜。

 

ブログランキングに参加しているので応援していただけると嬉しいです。

ぎびじゅんがくに投票!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

 

↓こちらもついでにCLICKしてね

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

盆休み集中特訓3 - 実践編「入門 目からウロコのジャズ ・ギター 」

映画「ストーリー・オブ・マイライフ」を観てきました。ルイザ・メイ・オルコットの自伝小説「若草物語」の実写化で原作は19世紀アメリカの作品です。未読なのでどれくらいのアレンジを加わっているのか分かりませんが、四姉妹のそれぞれの人生を描きながら女性の結婚や経済的、精神的自立について語る内容です。もうそろそろ古びたアイデアになって欲しいものですが悲しいかな現代でも通用してしまうところが多くありますね。僕(男性です)が映画の中の女性の美を鑑賞することや、どこか展開が間延びしたものに感じてしまうこと自体に問いかけを含んでいるメタに観れる作品に仕上がっていたと思います。

 

 

今回は前回に引き続き「入門 目からウロコのジャズ ・ギター 」をやっていきます。 

 

前回はFly me to the moonにドミナントフレーズを当てていきましたが、今回はTake the A trainのコード進行でリディアン・セブンスのフレーズを覚えて当てていくという課題です。前回習ったドミナントフレーズに加えて、D7のコードが鳴っている箇所で練習したリディアン・セブンスフレーズを弾けばいいだけなので課題自体の難易度は高くないのですが、このフレーズの他の用例が解説で6つも出てくるので大変だなあ(後回しにしよっと・・・

 

裏コード、代理コードも登場します。

 

裏コードはDm7-G7-C△7の251の場合にG7をD♭7に置き換えられるというものです。これは二つのコードの構成音でファとシを共通して持っているから。この2音がドミナントらしさを決めているみたいです。

 G7:ソ、シ、レ、ファ

 D♭7:レ♭、ファ、ラ、♭シ

で裏にするとルートの動きが半音ずつ下がるのでスムーズになって嬉しいというわけ。

 

代理コードはダイアトニック・コードの中で構成音が似ているものは同一機能なので代理可能というもの。

・トニック

 C△7:ド、ミ、ソ、シ Em7:ミ、ソ、シ、レ Am7:ラ、ド、ミ、ソ

サブドミナント 

 Dm7:レ、ファ、ラ、ド F△7:ファ、ラ、ド、ミ

ドミナント

 G7:ソ、シ、レ、ファ Em7:ミ、ソ、シ、レ Bm7(♭5):シ、レ、ファ、ラ

 

あー、ややこし。。

 

ブログランキングに参加しているので応援していただけると嬉しいです。

ぎびじゅんがくに投票!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

盆休み集中特訓2 - 実践編「入門 目からウロコのジャズ ・ギター 」

ステイホームでやけに長い盆休み。この機会に集中的に特訓しようという記事を以前に書きましたが、今回はその続きです。前回は座学的なことの総ざらいをしたので、今回は実践的な練習をしていこうと目論んでいます。

 

教科書は「入門 目からウロコのジャズ ・ギター 」著者は菅野義孝さんです。

 

 

目次を並べるとこんな感じ

1.ジャズを好きになろう
2.コードを押さえてみよう
3.フレーズを弾いてみよう
4.アドリブしてみよう1
5.アドリブしてみよう2
6.バッキングしてみよう

 

僕は3から始めて4が終わったところです。理論的なことはいったん保留してまずは覚えたフレーズを曲の中で弾いてみようというコンセプトで、確かにフレーズを当て込んでいくだけで課題曲のFly me to the moonがそこそこ良い感じに弾けるようになります。

沢山のフレーズが並んでるのでゲッと尻込みしてしまいますが、ドミナントのメジャーとマイナーを各2フレーズだけ覚えるのがちょうどいいんじゃないかな。1個だけだと弾かされてる感がでちゃうけど、2個あると自分で選択するので弾いてる感が出ますね〜。

 

ブログランキングに参加しているので応援していただけると嬉しいです。

ぎびじゅんがくに投票!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

続々・ジャズのためのエレガット

Lowdenのエレガットですが支払いも済ませて後は出荷されるのを待つばかり。出荷前の調整について店員さんと相談しました。

 

弦高については下げることも上げることも可能ですが、まずはいじらずメーカーからの工場出荷時の状態で弾いてみましょうということに落ち着きました。Lowdenのセッティングをそのまま弾いてみたいという気持ちは確かにあるし、僕は弦高をベタベタに下げることにそれほど執着がないのでこの選択でよかったかな。

 

弦も好みのものに交換してくれるというのですが、ナイロン弦には暗いので素直におすすめをいくつか聞いてサバレスの3弦がカーボンになったセットを選びました。カーボンはナイロンに比べてチューニングの狂いが少ないけれど、ナイロンより音が硬質に感じられる場合があるらしく、その良いところを取った組み合わせというわけですね。僕はマカフェリでサバレス弦を愛用しているので馴染みのメーカーというところもgoodです。

 

弦の張り替え後に店員さんに全体をチェックしてもらい、ネックの具合も弦高もいい感じで弾きやすいとのことなのでもう信じるしかないですね。Lowdenユーザーでナイロン弦も弾く方らしいので会ったこともないのに信頼度は高めです。

 

というわけで2、3日後には到着するようです。浮かれています。

 

ブログランキングに参加しているので応援していただけると嬉しいです。

ぎびじゅんがくに投票!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

続・ジャズのためのエレガット

先日、Lowdenのエレガットが好感触だけれど一旦保留で。。という話を書いたばかりなのですが急展開がありました。

 

楽器店の決算セールの一環で特定商品の通販ポイント還元が通常の最大31倍(阿呆みたいな倍率だ。。)になっているという情報を見つけ、まさかね〜と思いながら覗いてみると意中のエレガットが対象に。しかも最大の31倍です。

 

さっそくお店に電話して確かめてみると、

 

僕「このポイントって本当ですか?えらいことになってますけど」

店「そうですね、、ちょっと上司に確認してきます。」

(♪♪♪)

店「間違いないみたいです」

僕「えぇ。。いいんですか」

店「いやぁ、すごいですよね。Lowdenは私もプライベートで使ってるんですけど良いギターですよ」

僕「買います」

 

というわけであっさりと(支払いがあるのでホントのところは全然あっさりではないんですけど。)Lowdenと大量のポイントをゲットしたのでした。ポイントは一回の買い物で3万円分が上限で使用期限が半年という条件があるらしいですがそれを差し引いてもなんだか狐に摘まれたみたいな気分だな。

 

ブログランキングに参加しているので応援していただけると嬉しいです。

ぎびじゅんがくに投票!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

盆休み集中特訓1 - 理論編

今年のお盆は帰省もできず家でじっとしているという方が多いんじゃないでしょうか。

僕も例に漏れないので逆に良い機会だと捉えてこれまでのレッスンで習った座学的なことの総ざらい週間としています。やるぞ!(というかもうやったぞ

 

選んだ教科書は二冊です。

 

一冊目は「最後まで読み通せるジャズ理論の本」

以前に読了済ですがジャズ理論の基礎の総復習として読み直しました。

平易な文章で基礎的なジャズ理論を教えてくれるのでおすすめです。 

漫然と読み切ってもどんどん知識がこぼれ落ちてしまうので、あとで見返せるようにメモ帳にキーワードを書き出しながら読みました。

僕が持っているのは改定前ですがコードアナライズが16曲もついた改訂版が出ているみたいです。

新しく買うならこちらですね。

 

二冊目は「ジャズ ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て」

スタンダードの譜面が掲載されており、理論的な解説を加えながら分析していくという内容です。

上記で学んだ理論が実際にどのように使われるのかを把握する目的で選びました。

一冊目と重複する内容はありますが、こちらの方が高度なので新しい情報はメモ帳に追記しながら読みました。

ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て (CD付)

ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て (CD付)

  • 作者:納 浩一
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

これで手元のメモ帳にはスタンダード曲を分析をするために必要な基礎的な情報がだいたい載ったはず。たぶん。

あとはこのメモをチラチラ見ながらいろんな曲に取り組んでいけば成果が出るかも?

これまでレッスンで先生に教えてもらってきたことが自分の中で整理できて良い勉強になりました。

 

ブログランキングに参加しているので応援していただけると嬉しいです。

ぎびじゅんがくに投票!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ジャズのためのエレガット

酷暑の中、御茶ノ水をぐるり。

 

クラシックではなくジャズ・ポップス向けのナイロン弦って探してみるとありそうでないんですよね。今日の目的のLOWDENのエレガットはJAZZ NYLONと銘打っており、まさにジャズ用。トップがスプルースとシダーの2種類があり、どちらもサイドバックはローズウッドという構成です。

 

スプルースは芯がはっきりした粒立ちの良いソロギターに抜群の綺麗な音。かたやシダーは角の丸い優しい音色で伴奏からソロまで使い勝手が良さそうで、僕はこちらが気に入りました。優しいけれどどこか憂いのある感じがアイルランドの雰囲気(かなり先入観が。。

 

用途としても同僚と遊んでいるバンドの伴奏からフィンガーピッキングでのソロまで(つまりはジプシージャズ以外を)こなしたいし、店員さんも「お客さんの演奏を聴いた感じではシダーの方が合ってると思いますよ」と言ってはったので買うならこちらなんでしょう。まぁ即決はできないので一旦保留です。

 

そうそう、休憩で寄ったプリマベーラという喫茶店がとても良かったです。老夫婦が営んでおられて静かでコーヒーがおいしくて。楽器屋の後はこの喫茶店に入るという流れが定番になりそうだ。

 

ブログランキングに参加しているので応援していただけると嬉しいです。

ぎびじゅんがくに投票!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ごあいさつ

こんにちは。

 

フィンガーピッキングジャズとジプシージャズの二人の先生に習いながらギターを楽しんでいます。

 

レッスン毎の課題を明確にする。

日々の上達の軌跡を確認する。

ギターが好きな人と仲良くする。

 

なんてことを目的にゆる〜く書いていこうかなと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

ブログランキングに参加しているので応援していただけると嬉しいです。

ぎびじゅんがくに投票!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

最後までお読みいただきありがとうございます。